お題「笑こわ本第2巻」対談

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

今回は、著者の巻山紗依と、編集に携わった聡和(そうわ)の第2巻についての対談を掲載いたします。

紗依
聡和の印象に残っているところはどこ?

聡和
ダントツで「闇夜の生徒」! 最高に大好き! そこだけで映画になるくらい。

紗依
第2巻を読んだ人から、ちょっと感想を聞いたんだけど、みんな怖い怖いって言われて、私は怖くないと思うんだけど、どこが怖いんだろうね。

聡和
「やさしい手」が怖いって言ってる人いたね。身内の葬儀に現れた霊なら、私に霊感がなくても、ぜんぜん怖くないけどなあ。闇夜の生徒は怖いけど……。
紗依
やっぱり知らない人だと怖いのかな。

聡和
いや、身内の葬儀だから、知ってる人の霊だよ? むしろ癒されるけど……。

紗依
まあ、私たちは変わっているからね。普通の人は怖いのかもね。

聡和
もうひとつ、最高に感動シーンがあって、そこは感動で泣ける。北海道最大のステージ会場で、紗依のひとり舞台は身震いするほど感動する。

紗依
まあ、AKBでいうとセンターだしね(笑)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly


コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。


関連記事