ひょっこりはんになる?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

ひょっこりはん!」好評につき、幽霊はどのように見えるか、解説いたします。

幽霊は自分がここにいることをわかってほしくてアピールしてきます。
例えば、事故で亡くなった霊体がいるとしたら、昔の私なら、額から血を流して死にそうな顔した青い顔の人の霊体に見えました。
それはさすがに怖かったですね。

しかし最近は、事故現場に行っても、普通に元気なままの姿の霊体が出てきます。
このちがいはなにかなと考えてみたら……。

「見えていても信じてくれないと困るので、事故のときのリアルな映像を見せる」というパターン
「リアルな状況を見せなくても、どういう状態で死んだのかがわかれば、気持ち悪く出てこない」というパターン

このふたつがあることがわかりました。
だから、身内の人の霊って怖くないと思うんですね。

「怖い、怖い」「気持ち悪い、気持ち悪い」と思っていると、そういう状態で出てきちゃうんです。
幽霊は体がないだけで、普通の人間と同じだと思うと、気持ち悪い姿では出てくる必要がないってことですね。

幽霊は、生きている人に声をかけても、誰も気づいてくれないので、なにかアピールしないといけないと思ってがんばっちゃうわけです。怖がらせようとか、祟ろうとか、呪おうとかなんて、これっぽっちも思ってないんですね。

幽霊は自分が幽霊だとは思っていないので、逆にあなたが突然、ひょっこりはんすると、幽霊のほうがびっくりするけどね(笑)

↓ひょっこりはんしたくなったら、クリック1発ずつお願い!

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 霊界・霊感・霊視へ にほんブログ村  人気ブログランキング
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly


コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。


関連記事


おすすめ記事

札幌市ランキング にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 札幌情報へ