出版の労いに贈り物(2)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

今日(日付変わって昨日)、仕事を終えて帰宅すると、郵便受けに宅配便の不在連絡票が……。
本州のお客様が差出人だった。運転手の携帯電話番号にかけると、ものの数分で再配達された!

届いた紙袋を開けてみると……、中にはラッピングされたプレゼントが!
誕生日プレゼント?
それとも、5月13日日曜日の母の日だから、母の日プレゼント?(笑)

裏を見るとラベルが張られており、「ベルギー・キャンディー」とのこと。
開けてみると……、

こんな感じでさまざまな包み紙のキャンディーが入っておりました。

一粒食べてみると柔らかいキャラメルといった感じ!
美味しい!
日本だとソフト・キャラメルと呼ばれるものだと思う。
かむとかみちぎれるのに、ゆっくり溶けて、絶妙な甘さと苦さで、疲れている体に最高に沁みました!

あ、キャラメルじゃないキャンディーもありました!
ハード・キャンディーの中にゼリーみたいなものが入った懐かしい感じのお味!
ひとつひとつ味がちがって楽しいですね。

ブランド名「COCARDE(コカルド)」をネット検索してみると、大阪では有名な洋菓子店なんですね!
とんでもなく高級な感じの店構えの写真が出てきました!
関東にお住いのお客様からの贈り物なので、大阪へ旅行に行ったのかな。

続けて食べてしまうほど、美味しいキャンディーでした。
ありがとうございます!

お礼のメッセージとともにご本人に確認してみると、
「お母さんではないですが、お世話になっている感謝をこめて!
いつもありがとうございます! 執筆お疲れさまでした!」
とのことでした!

このお客様は、実の息子と同じくらいの年齢なので、母の日プレゼントはとてもうれしいです(笑)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly


コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。


関連記事