図星な美容師アシスタント

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

いつもとちがう美容室に行ったら、縮毛矯正でチリチリになってしまい、パッツリ切られてしまった。
かけ直したかったのだけれど、髪が傷みすぎて1か月は放置しないとダメだと言われた。

1か月経ってから、店を選ぶのが失敗だったと思い、いつもの美容室に久しぶりに来てみた。
「お久しぶりです。かなり短くなさいましたね!」
その美容室のオーナーで美容師の男性は覚えていてくれた。

私のざんばら髪を見て、美容師はかなり困って、カラーと矯正で約4時間もかかってしまった。
そのあいだ、私は暇だから雑誌を読んだり、アシスタントのお兄さんと話したりしていた。
「ねぇ、暇だから、なにかおもしろい話をして」とアシスタントに聞いてみた。
「ええ~? そんな突然ないですよ」
「そう……、そうよね~」
すると、アシスタントはなにを考えたのか、人生論を語りだした。
――う~ん、つまらん! それって……、おもしろい話か?

困った私は、なにをまちがえたのか、霊感のサイコメトリックを使ってしまった。
――なんで、このタイミングで使うのよ~。
と自分にあきれながら、頭の中でアシスタントの前職が見えてしまった!

「あの……、若いみたいだけどいくつ?」
「あっ! 自分24歳です!」
「美容師になる前は……、サービス業?」
「はい、そうですけど……。なんで?」
「それって……、ホスト?」
「え、えええ~! な、なんでわかるんですか?」

――やっぱり~。
その後、何度もアシスタントに、
「なんでわかるんですか?」
「どこか、そういう仕草、出てますか?」
「誰にも言われたことないのに、なんで?」
と質問攻めに遭った!

でもね、私……、
「ウフフッ」って笑って話さなかったの。
このブログを見ることがあったら、驚くだろうなぁ~。

↓アシスタントかわいいな、と思ったらクリック1発お願い!

ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村  人気ブログランキング
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly


コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。


関連記事


おすすめ記事

札幌市ランキング にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 札幌情報へ