夏なので怖い話シリーズ[レベル8]

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

初めて行った大型スーパーで、とても広いので店員から説明を受けた。
説明を聞いていると、急にめまいを感じた。
――ん? なんだ? 地震か?
周りを見ても、だれも揺れているようすがない。
――気のせいか⋯⋯。
気を取り直して説明を聞いていると、私のうしろの看板がグラグラと動いた。
――えっ? やっぱりなにか変だ⋯⋯。
その看板は、私のうしろだけでなく、ずらっと横に同じものがたくさん並んでいたのに、私のうしろだけ小刻みに動いていた。
――なにか、ヤバイ気がする⋯⋯。
再び気を取り直し、カートを押して店内へと入る。食品だけでなく、家電や玩具なども並ぶ棚の間を、私はカートを押しながら進む。
するとまた、めまいが! 気分も悪くなってきた⋯⋯。
――完全におかしい⋯⋯。
取り憑かれている気はしていたが、霊にチャンネルを合わせてしまうと、霊が見えた途端になにかとんでもないことが起きるような気がして、あえて合わせないようにした。
調子が悪いなかで、カートにもたれながら買い物を続ける。
食品売り場に差し掛かった瞬間、急に吐き気がした!
――ゲッ! なに?
店内では試食で牛ステーキを焼いている。
――うわっ! これだ⋯⋯。
慌ててそこから離れる。ホッとしたのもつかの間、次はチゲ鍋の試食が目に入った。ニンニクのにおいが私の波動(チャンネル)を下げた。
――やべー!
ふらふらしながら歩いていると、目の前に数体の霊体が!
――うわっ! 目を合わせないでおこう。
無視して通り過ぎるものの、霊体のオンパレード! 半端ない数の霊体がうじゃうじゃいる。
――これじゃ、めまいもするし、調子も悪くなるわ。
急いで買い物を済ませて退店。
帰る途中、なぜ大型スーパーにたくさんの霊体がいたのか考えてみた。
近くには巨大な墓地と火葬場がある。連日、賑わう大型スーパーに霊たちは寄ってきたのだと考えられる。

数年後、たまたま大型スーパーの近くを車で走行中、今までは気づかなかったが小さな神社に気づく。
大型スーパーはちょうど、その神社と巨大な墓地の間にあった。つまり、霊の通り道だったのだ。
霊はその通り道を、神社での成仏を求めて通る際、大型スーパーの賑わいに吸い寄せられたのであろう。
あるいは、霊体は狛犬や鳥居のせいで神社には入れないから、人に取り憑かないと境内に入れないと聞いたことがある。
大型スーパーの霊体は、買い物客に取り憑いて、神社に向かわせようとしたのかもしれない。
実際、その神社は黄泉の国の入り口のように波動(チャンネル)が低かった⋯⋯。

 

↓ニンニクって取り憑かれやすくなるの? と思ったらクリック1発ずつお願い!
にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 札幌情報へ 


臨死体験、霊界、神霊、心霊、恐怖体験
妖怪・幽霊
超常現象
当たる占い師・霊能者
迷信、俗説、どんとこい超常現象

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly


コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。


関連記事


おすすめ記事

最近のコメント

札幌市ランキング にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 札幌情報へ