悪夢

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

私の夢の話なので、興味がない人はスルーしてくださいね。

2018年1月14日に不思議な夢を見た。(忘れないうちに書いておく)

夢の内容

知らない女性と腕を組んで真っ暗な中を歩いていた。
するとどこからともなく「決してお願いしたり断ったりしてはいけない」と男の声が聞こえた。

真っ暗な闇から森に入り、少し進むと民家(店)があった。
入ると何人かいたのだが、顔が見えない。何かを作っているようだった。
よくよくみるとお餅(大福)だった。
そのようすを見ていると、突然いっしょにいた女性が「餅ふたつ、ください」とお願いしてしまった!!
暗闇では「決してお願いしたり断ったりしてはいけない」と男に言われていたので、
私は慌てて「キャンセルします!! いりません!!」と断った。

女性が「なんで?」と問いかけてきて、男の声を覚えていなかったが、
よく考えてみると(あっ!!! 私も断ってしまった!!!)と気づいて怖くなり、ふたりで逃げ出した。

追いかけてくる何かがいた。

振り切って少し進むと別の民家(宿)が見えてきた。私たちはそこに泊まることにした。
宿ではすぐ食事が出てきた。
お腹が空いていたのか女性はすごい勢いで食べていたが、私は怖くて食べられなかった。
夜寝ていると、女性が急に起き上がりどこへ行くのか部屋を出ていった。
私は気になりこっそりあとをつけていく。すると、女性は台所で大福を作り食べていた。

(なぜこんな夜中に? しかも、大福?)
不思議に思ったが声をかけることもできず、その姿をしばらく見ていると!!!
恐ろしいことに女性は人間ではなく、妖怪の姿に変わっていた。

私は恐ろしくなってその場を逃げようとしたら、見ているのを気づかれて追いかけられた。

暗闇の中を走った! 走った!! 走った!!!

怖くて目を覚ました。

 

↓どんな意味だろう、と思ったらクリック1発お願い!

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 札幌情報へ にほんブログ村  人気ブログランキング


夢日記
夢の記録

夢占い・夢診断

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly


コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。


関連記事


おすすめ記事

札幌市ランキング にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 札幌情報へ