本を書いていると

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

「笑える~こわい話」が順調に第2巻が出ることとなり、すでに第3巻を書き始めております。

えっ? もう? という声も聞こえてきますが……。

思い出を引っ張り出し、忘れないうちにちょこちょこ書いてます。

そんななか第3巻は初恋の話が出てくるのですが、
――その初恋の相手は今なにをしてるんだろう?
と、急に思った。

ずっと会うこともなく、風の便りも聞かず、結婚してるのかどうかもわからず……。
そんなことで、生きてる人ですがチャネリングしてみることにした。

――彼は、独身のような気がする……。まだ同じところに住んでいる気がする。

さすがに生きてる人だけに、チャネリングには自信がないので、聡和(そうわ)にもチャネリングしてもらった。
すると、同じように答えたので、驚いた!

そんなことがず~っと気になり、数日前取材も含めて彼との思い出の公園に行ってみた。
昼間の公園はさすがに暑いせいもあり人はだれもいない。

昔のことが思い出され、少し懐かしさに浸って(ひたって)いると、ふと彼の家はこの辺だったことを思い出す。
それでも、さすがに近づく勇気はない。

日傘とサングラスの完全防備で向かったものの、さすがにこの日は気温30度はあったので帰ることにした。

帰り道、いろいろとまた思い出しながら歩いていると……、買い物袋でカゴがいっぱいの自転車に乗ったおばさんとすれちがう。

――あっ! えっ?

初恋の人のお母さんだった。
一瞬のことでなにも言えず、さらにサングラスと日傘の私に気づくわけもなく……、ただただ自転車を見送っていたのだが、確かに彼の家の方向へ向かったので彼のお母さんだと思えた。

話しかければよかったかとも思ったが、さすがに今さらなにを話せばいいかわからない。
もしも私だとわかったところで「今なにしてるの?」と聞かれたら、まさか「本、書いてます」とは言えない。

しかも「あなたの息子さんとの恋の話です」なんて口が裂けても言えない(笑)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly


コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。


関連記事